もう不安は感じない!無理なく治療が受けられる方法とは

鎮静法やVR治療は不安を解消する?

鎮静法って何?

不安のない歯科治療として、「鎮静法」が挙げられます。

鎮静法とは、その名のとおり痛みを和らげながら治療する方法のことで、大きく「笑気吸入鎮静法」と「静脈内鎮静法」に分けられます。メンタルを安定させて治療を行うので、歯医者に対して強い恐怖心を抱えている方に適した治療法になります。特にパニック障害などをもっている方には、この治療を行うことが多いでしょう。

・笑気吸入鎮静法
ひと言でいうと「リラックス治療」です。気持ちを落ち着かせる効果があるため、使用後はフワフワとした感覚になります。笑気ガスと呼ばれる特殊なガスを吸うことで安全かつ無理なく治療ができるようになるでしょう。
ただ先にも述べたように健常者は対応してもらえません。

・静脈内鎮静法
笑気吸入鎮静法が笑気ガスを吸入して行うのに対し、こちらは静脈から鎮静薬を入れて行う方法です。同じようにリラックス効果がもたらされます。

痛みはないの?

心配なのが、治療の際の痛みです。鎮静法というのは、あくまで気分を落ち着かせて治療を行う方法になるため、「痛みとは別なのでは?」と考える方もいるでしょう。

結論からいいますと、無痛作用はありません。そのため、治療の際は局所麻酔も併用します。
鎮静法は、先にも述べたように歯科治療に対する不安を取り除く治療です。不安を取り除くことで痛みも軽減しますが、麻酔ではないので完全に痛みをなくすことはできません。とはいえ、その辺はきちんと対応してくれます。

また、治療後はすぐに帰宅することはできません。
鎮静法は、分かりやすくいえば「お酒を飲んだあと」。フワフワとした心地良い気分になるので、どうしても醒めるまでは大人しくしておかなければいけません。
経口摂取制限もありますので、摂取をして問題なければ帰宅できるでしょう。できれば付き添いの方がいると安心です。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ