不安のない歯科治療とは

もう不安は感じない!無理なく治療が受けられる方法とは

2つの鎮静法で不安を取り除く

多くの人が苦手とする「歯科治療」。なかには、歯医者に行くだけでパニック障害を起こしてしまうような、深刻な悩みを抱えている方もいます。薬品のニオイ、キーンという治療音、嘔吐反応が出てしまう人など症状はさまざまですが、穏やかな気持ちで治療を受けられる方はほとんどいないでしょう。

このように、歯医者に対して不安を抱えている方が多いため、病院側もさまざまな工夫をしています。それが、「鎮静法」や「VR」などです。歯科治療への恐怖心が強い方などに用いられる方法で、通常の治療より安心して受けられるようになります。

もちろん、工夫しているのはそれだけではありません。
「環境づくり」も大切でしょう。
先にも述べたように、歯医者が苦手な方は院内の雰囲気も含まれるといわれています。清潔感のあるクリーンな環境は、それだけで安心できますし、心を穏やかにしてくれるはずです。どんなに最新の技術を取り入れていても、環境が整っていないと不安になってしまいます。
ですから、不安のない歯科治療を望んでいる方は優れた設備・技術だけでなく「院内の雰囲気」「歯科医・スタッフの対応」などもしっかりチェックしてみてくださいね。

近年、医療技術が発達しひと昔前よりも安心して治療を受けられるようになりました。もちろん、鎮静法やVR以外にもさまざまな治療法があります。「無痛治療」に取り組む歯医者も増えてきていますから、まずはかかりつけ医に相談し、自分に合った治療法を見つけてみましょう。


ページの
先頭へ